降給コピーライター

大学職員からコピーライターになり、年収はまっぷたつ。

喉元すぎれば、忘れられること。

好き嫌いは、はっきりしている。

 

胸を張って言うことではないけれど、対人関係も例外ではない。

 

まぁ嫌いになることなんて、ほぼ、仕事でしかないですけどね。

(仕事に対する姿勢や考え方があわないと、ダメになっちゃう)

 

そんな相手と仕事する時には、「徹底抗戦も辞さないぞ」なんて、

考えていたかもしれません。いや、今でもか。

 

そんな考え方なのに!

職場が変わり、しばらく会っていないと、

「会ってみてもいいかな」なんて、思うことがあります。

 

当時のことを思い出すと、

わりと怒っていたはずなのですが、その感情はどこへ…。

 

でも待てよ、と。

ちゃんと、会いたくない人だっている!

なにか、違いがあるよね。

 

ぼくにとって、

その違いは「好かれていたか」でした。

 

「人間的に」なのか。

「コマとして」なのか。

はたまた、「相手が大人だっただけ」なのか。

 

今となっては、分かりませんけど。

そんな28歳。

f:id:onono_r:20180607091236j:plain

 

嫌いなんて、表明する必要はない。

温和にいきましょ。

と、自分に言い聞かせています。